RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Aug
17
 2018年から翌2019年にまたがって開催されているWEC“スーパーシーズン”は8月17日、イギリス・シルバーストンで第3戦が開幕した。走行初日の17日に行われた2回のフリープラクティスでは、TOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組)が1回目の首位に、2度目のセッションは僚友7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が全体ベストタイムを記録している。 ■2018/19年WEC第3戦シルバーストン フリープラクティス1回目タイム結果 Pos No Class Team Car Driver Tyre Gap
1​
7 ​
LMP1​
トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド M.コンウェイ 小林可夢偉 J-M.ロペス
MI​
...
Aug
17
 全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦のフリー走行が8月18日、ツインリンクもてぎで開催され、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマークした。開幕戦以来のスーパーフォーミュラの参戦である福住仁嶺(TEAM MUGEN)は4番手につけている。  前日に引き続き快晴のもと、ドライコンディションで行われた午前のフリー走行。最初に1分33秒台に入れたのは、前日の専有走行でも3番手タイムにつけた伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)。  その後、開始から約20分後に石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がビクトリーコーナー立ち上がりでリヤタイヤをスピンさせ、外側のグラベルでストップ。これにより赤旗が提示され、セッションは一時中断となった。石浦は大きなダメージはなかったようで、その後も走行を行っている。  セッション再開後、ミディアムタイヤからソフトタイヤでの走行を行うドライバーが現れ始める。ここでトップ3につけたナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)、塚越広大(REAL...
TGR_00072-300x200.jpg
Aug
17
 WRC世界ラリー選手権第9戦ドイチェランドは8月18日、SS2〜7が行われ、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位をキープ。12.3秒差の総合2番手に王者セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)が続いている。  競技2日目を迎え、本格的な競技幕開けを迎えたラリー・ドイチェランド。この日行われた6SSはぶどう畑の間を抜ける曲がりくねったステージが舞台となった。  16日(木)に行われたSS1で総合首位に立っていたタナクはSS2でマシンバランスに苦しみ、ステージ3位。総合でもオジエと0.8秒差の総合2番手に後退する。  しかし、タナクはその後のSS3〜7の5SS連続でステージ最速タイムを記録して反撃。グリップレベルが低く滑りやすいステージを制し、オジエと12.3秒差をつけてトップの座を奪い返してみせた。...
5b733af932679a4f81b9ffbd_o_U_v1.jpg
Aug
17
Filed under: Videos,Autoblog Minute,Original Video Is it a gazebo? Is it a garage? It's both!...
Aug
17
 WRC世界ラリー選手権第9戦ドイチェランドは8月18日、SS2〜7が行われ、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位をキープ。12.3秒差の総合2番手に王者セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)が続いている。 ■2018WRC第9戦ドイチェランド SS7後暫定結果 Pos. No. Driver Machine Time
1​
8​
O.タナク トヨタ・ヤリスWRC
59:22.6​
2​
1​
S.オジエ フォード・フィエスタWRC
0’12.3​
3​
5​
T.ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC
0’27.4​
4​
2​
E.エバンス...
Aug
17
 全日本F3選手権第5ラウンドは8月18日、栃木県のツインリンクもてぎで8時20分から公式予選が行われ、坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)がコースレコードタイムを記録し、第10戦・第11戦ともにポールポジションを獲得した。  前日から初秋を感じさせる涼しさのなか、全日本F3選手権第5ラウンドは18日の公式予選を迎えた。このラウンドは第10戦・第11戦・第12戦と3レースが行われる予定で、この予選ではベストタイムで第10戦の、セカンドベストで第11戦のグリッドが決する。  晴天に恵まれたもてぎで8時20分からスタートした予選では、坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)を先頭にコースイン。アウトラップから各車が場所取りを行いながらウォームアップをこなしていく。  1セットめのニュータイヤを使ってのアタックでは、まずは坪井が1分44秒570をマークし、宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)が1分45秒012、専有走行から上位につけている金丸悠(B-MAX RACING F3)が1分45秒192で続いていく。...
16Mon-AloBri-XPB1-300x200.jpg
Aug
17
 2度のF1世界王者であるフェルナンド・アロンソが2019年はF1に参戦しないと発表、その直後から彼は来年何をするのか、将来F1に復帰するのかといった問題に関し、さまざまな推測が飛び交っている。そんな中、アロンソの師とも言うべきフラビオ・ブリアトーレが、彼の決断について自身の考えを語った。  14日、アロンソはマクラーレンを通して、来年F1に参戦せず、新たな活動の場でチャレンジすると発表した。その際、「引退」という言葉は使わず、マクラーレンのマシンがパフォーマンスを取り戻した場合にはまたF1で走るかもしれないとコメントしている。  アロンソのマネージャーを務めたブリアトーレは、彼の決断についてイタリアのLa Gazzetta dello Sport紙の取材に対して次のように語った。...
18R12HunSu-Rai-SUT1-300x200.jpg
Aug
17
 1997年のF1チャンピオン、ジャック・ビルヌーブは、2019年にフェラーリがキミ・ライコネンと袂を分かち、ジュニアドライバーのシャルル・ルクレールを昇格させるなら、それは大きな過ちであると改めて主張した。  フェラーリは、2019年にセバスチャン・ベッテルのチームメイトとして誰を起用するのかを現時点ではまだ明らかにしていない。  フェラーリのジュニアドライバーで、2018年にザウバーからF1にデビューしたルクレールは、初シーズンに印象深いパフォーマンスを発揮しており、一時はフェラーリは彼を選ぶのではないかとの見方がなされていた。しかし今週初めにはイタリアのメディアは、2014年にフェラーリに復帰したライコネンが2019年も残留し、6年目のシーズンを過ごすことになりそうだと伝えた。  さまざまな憶測がなされているなか、ビルヌーブは、フェラーリは現在のドライバーラインアップを維持するべきであると主張している。...
Waffle+House+food+truck.png
Aug
17
Filed under: Etc.,Truck It's just one, and it's for private events only. But we want more. Continue...