RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Jun
15
プレスインフォメーション ポルシェカレラカップジャパン第7-8戦(富士)予選レポート  ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップジャパン2019シリーズ第7-8戦の予選を富士スピードウェイ(静岡県)で2019年6月15日(土)に開催しました。 天候:雨 路面:ウエット 気温:14度 路面:16度(セッション開始時)  PCCJ2019年シーズンの後半戦に突入した第7-8戦の舞台は、今年2回目の開催となる富士スピードウェイ。今大会は、ポルシェジャパンが主催する「Porsche Sportscar Together Day」の一環として行われ、富士スピードウェイはポルシェ一色で埋め尽くされている。予選前日の14日(金)には、専用走行が2回行われて総合トップタイムを記録したのは、1分41秒594をマークしたPCCJジュニアプログラムドライバーで現在ランキングトップに立つ#19...
Jun
15
プレスインフォメーション ポルシェカレラカップジャパン2019 第7戦(富士)決勝レポート  ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップジャパン2019シリーズ第7戦の決勝を、富士スピードウェイ(静岡県)で2019年6月15日(土)に開催しました。 天候:雨 路面:ウエット 気温:16度 路面温度:16度(レーススタート時)  午前中に行われたPCCJ第7戦の予選は、開始から9分過ぎに赤旗中断となり、そのままセッション終了となってしまった。これにより、ポールポジションはPCCJジュニアプログラムドライバーの#19 笹原右京、2番手は#60 小河諒、3番手は#31 上村優太と続く。ジェントルマンクラスのポールポジションは#98 IKARIが獲得し、#77 浜崎大、#11 山口智英と続く。...
Jun
15
 MotoGP第7戦カタルーニャGPのフリー走行3回目がカタロニア・サーキットで行われ、MotoGPクラスはアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)がトップタイムを記録した。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は12番手で、予選Q2へのダイレクト進出を逃している。  フリー走行3回目ではトップ10のライダーが軒並み前日の自身のタイムを更新し、フリー走行3回目のトップから10番手までのライダーがそのまま予選Q2へ進出を決めた。 ■MotoGP第7戦カタルーニャGP フリー走行3回目タイム結果 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time
1​
42​
A.リンス チーム・スズキ・エクスター スズキ
1’39.547​
2​
20​
F.クラルタラロ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ
1’39.583​
...
Jun
15
 第87回ル・マン24時間レースの決勝前最後の走行セッションとなるウォームアップが6月14日、サルト・サーキットで行われ、ポールポジションを獲得しているTOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が最速ラップを記録した。トヨタのもう一台8号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2番手につけ、3番手にはセカンドロウからスタートするレベリオン・レーシングの3号車レベリオンR13・ギブソンが入っている。 ■2018/19年WEC第8戦ル・マン24時間 ウォームアップ Pos. No. Class Team Car Driver Tyre Time
1​
7 ​
LMP1​
トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド M.コンウェイ 小林可夢偉 J-M.ロペス
MI​
3’19.647​
...
WRC_2019_Rd8_179-660x440.jpg
Jun
15
 2019年のWRC世界ラリー選手権は6月14日、第8戦イタリアのSS2〜9が行われ、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に浮上した。トヨタ陣営はオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3番手につけている。 ■トヨタ ●オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合3番手 . オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC) 「困難な1日だったが、持てる力をすべて出し尽くせたと思う。先頭走者のリタイアにより、午後のステージは1番手で出走することになり、さらに難しい状況になった」...
AP-1Y7RU9VTD2111_hires_jpeg_24bit_rgb-660x440.jpg
Jun
14
 FIAは6月14日、フランス・パリでWMSC世界モータースポーツ評議会を開き、この場で2022年から採用するWRC世界ラリー選手権の車両レギュレーション概要が承認され、ハイブリッドシステム導入が正式に認められた。  今回承認された車両レギュレーションは、2022年から5年間有効となるもの。全長など車両サイズは現行規定を踏襲しつつ、市販モデルもしくは”プロトタイプ”のボディシェルを活用した車体作りが認められる。ただし、市販車と共通の外観を維持するため、いくつかのコンポーネントは共通していなくてはならない。  また、レギュレーションで定められているサイズより大きい車両をベースとする際、”スケーリング”を行いサイズを小さくすることも可能という。  そして、この2022年レギュレーションから、WRCにもハイブリッドが導入されることになった。このハイブリッドシステムは「都市部では電気を使って走行し、スペシャルステージ(SS)では電気ブーストとして利用」することが狙いとされている。...
WRC_2019_Rd8_180-660x440.jpg
Jun
14
 6月14日に行われた2019年WRC世界ラリー選手権第8戦イタリアの競技2日目。3台のワークスマシンを投じるTOYOTA GAZOO Racing WRTは、一時総合首位に立ったヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が2度のクラッシュからデイリタイアしたものの、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3番手につけた。  グラベル(未舗装路)イベントのラリー・イタリア・サルディニア。競技2日目は日中の気温が40度まで上昇したほか、路面が乾ききっていたため、出走順が早いドライバーは砂をかき分ける“掃除役”として不利な状況に追い込まれた。  2番手走者として臨んだタナクは一時総合5番手に後退したものの、SS4でステージ最速、SS5でステージ2位に入る快走で総合2番手までポジションを上げてみせる。...
7c1aa73f6be0a866625fe7818ef9f57d-660x440.jpg
Jun
14
 6月12~13日にフランス、サルト・サーキットで行われた第87回ル・マン24時間レースの予選で、LMP2クラスのポールポジションを獲得していたグラフがその順位を失い、クラス14番手から決勝をスタートすることとなった。    グラフはELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズにフル参戦するフランスチームで、ル・マンも2019年で13回目の出場を数える常連のひとつだ。    そんなチームは13日に行われた予選3回目の早い段階で、エースのトリスタン・ゴメンディが39号車オレカ07・ギブソンを駆り3分25秒073というタイムを記録。TDSレーシングのロイック・デュバルがマークしていた3分25秒343を上回り、クラスポールを獲得していた。    しかし、グラフはこの予選3回目のなかで、ジェントルマンドライバーのバンサン・キャピレーが車両重量を量るためのスポットに留まらなかったとして、当該セッションの全タイム抹消と1000ユーロ(約12万円)の罰金ペナルティを受けることに。これによってグラフのポールポジションは幻となってしまった。  ...
P90353947_highRes_le-mans-fra-13th-jun-660x440.jpg
Jun
14
 6月15日に決勝レースがスタートする第87回ル・マン24時間レースの前夜、FIA国際自動車連盟はLM-GTE Pro、GTE AmクラスのBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)を再調整し、これを交付した。  14日付けで発表された最新の調整では、GTE Proクラスのポールポジションを奪ったアストンマーティン・バンテージAMRとGTE Amでクラストップからスタートするポルシェ911 RSRに対してスピードを抑制する調整が行われている。  マルコ・ソーレンセンによって1周13.626kmのサルト・サーキットを3分48秒000というタイムで駆け抜けた第2世代のバンテージは、決勝レースに向けてターボブーストの最大過給圧が抑制され、エンジンの出力が制限されることとなった。    その一方でアストンマーティン・レーシングが走らせる2台のバンテージは1251kgとなっている最低重量が5kg減らされているが、同様の処置はライバルのポルシェ911 RSR、フェラーリ488 GTE Evo、フォードGT、BMW M8 GTEにも適用される。    なお、GTE...
WRC_2019_Rd8_175-660x440.jpg
Jun
14
 2019年のWRC世界ラリー選手権は6月14日、第8戦イタリアのSS2〜9が行われ、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に浮上した。トヨタ陣営はオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3番手につけている。  地中海のイタリア領サルディニア島を舞台に争われているラリー・イタリア・サルディニア。競技2日目となる14日は、有力ドライバーがアクシデントに見舞われる展開となった。  ランキング首位としてラリー・イタリア・サルディニアに挑んだセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)は、SS5走行中、左コーナーのイン側にあった岩に接触。ステアリングアームを壊してしまいストップ。修復を試みたもののデイリタイアとなった。  アクシデントの状況について、オジエは自身のTwitterで「完全に自分のミスだった」と説明している。 「かなりタイトな左コーナーでイン側を攻めすぎてしまい、大きな岩に接触、ステアリングアームを壊してしまった。完全に自分のミスだった」...
Jun
14
 FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)の2019年2回目の会合が14日、パリで行われ、F1スーパーライセンスポイント規則を一部変更することが決まった。  当初は今回の会合において2021年のF1新レギュレーションが確定する予定だったが、規則案にいまだ懸念材料が残る状態であるといわれており、13日にFIA、F1、全チーム代表およびドライバー代表が協議を行った結果、規則のさらなる改善のため、確定の期限を2019年10月末に延期することで合意した。  そのため、14日のWMSC会合は、2021年F1の技術、競技、財務、ガバナンスに関する規則についての現在の状況が報告される場となった。FIAは、新レギュレーションの主要な目的は明確になっていると述べている。  一方、今回のWMSC会合では、F1スーパーライセンスポイントに関する規則が変更されることが決まった。  2020年以降はF1レースウイークエンドのフリープラクティスに参加することで、ドライバーはスーパーライセンスポイントを得ることが可能になる。...
Jun
14
 2019年のWRC世界ラリー選手権は6月14日、第8戦イタリアのSS2〜9が行われ、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に浮上した。トヨタ陣営はオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3番手につけている。 ■2019WRC第8戦イタリア SS9後 暫定結果 Pos. No. Driver Machine Gap
1​
6​
D.ソルド ヒュンダイi20クーペWRC
1h36’01.5​
2​
3​
T.スニネン フォード・フィエスタWRC
+0’10.8​
3​
8​
O.タナク トヨタ・ヤリスWRC
+0’11.2​
4​
89​
A.ミケルセン...
Jun
14
 FIAドライバースチュワードで元F1ドライバーのエマニュエル・ピロは、論争を巻き起こしている先週末のF1第7戦カナダGPでのペナルティについて、自分と同じ元レーサーたちからの批判的な反応に気持ちを傷つけられたと明かした。  ピロは37回のF1出走経験を持ち、ル・マン24時間レースで5回の優勝を飾った人物だ。そしてこれまで、たびたびFIAのドライバースチュワードを務めてきた。  カナダGPの決勝レース終盤、ミスによりコースアウトを喫したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、危険な方法でコースに復帰しルイス・ハミルトン(メルセデス)の走行を妨げたとして、5秒のタイム・ペナルティが科された。  この裁定により、待望されていたフェラーリとベッテルの2019年シーズンの初優勝は消え、メルセデスに7戦連続となる優勝がもたらされた。しかしこの裁定が、ソーシャルメディア上でレースファンとレース関係者たちの怒りに火をつけた。...
XPB_990492_1200px-660x439.jpg
Jun
14
 F1ジャーナリストの今宮純氏が独自の視点でドライバーを採点。週末を通して、20人のドライバーから「ベスト・イレブン」を選出。予選やレースの結果だけにとらわれず、3日間のパドックでの振る舞い、そしてコース上での走りを重視して評価する。今回は2019年F1第7戦カナダGPだ。 ————————– ☆ ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)  FP1出走=20番手 . F1カナダGPのFP1に出走したニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)  ウイリアムズが現在のFIA-F2シリーズのリーダーであるラティフィを彼の母国であるカナダGPのFP1に起用した。...
a01-660x440.jpg
Jun
14
 第87回ル・マン24時間耐久レースは6月14日、ル・マン市内で恒例のドライバーズパレードが行われた。全ドライバーが参加してのパレードは今年も盛況で、多くの日本人ドライバーもパレードの雰囲気を堪能した。  このドライバーズパレードは、ジャコバン広場をスタートして旧市街を通り、ふたたび広場に残るコースで、沿道に詰めかけたファンの間を参戦全ドライバーがレーシングスーツを着用してパレードするというもの。ル・マン・クラシックオートモーティブが主催するもので、ACOフランス西部自動車クラブは協力する立場だ。  今季はLM-GTEのフェラーリ勢を先頭に、スポンサーやダンスのパレードを挟みながらパレードが進行。前日、自身2回目のポールポジションを獲得したTOYOTA GAZOO Racingの小林可夢偉には、ふたたびACOピエール・フィヨン会長からトロフィーが渡された。  序盤に登場した木村武史、ケイ・コッツォリーノ、石川資章、さらに可夢偉らに続いて登場した中嶋一貴らも笑顔でパレードを行ったほか、終盤に登場したLM-GTE...
Jun
14
 F1フランスGPの戦略アドバイザーを務めるエリック・ブーリエは、2018年にレースファンたちに多大な影響を及ぼした大渋滞の再発を防止するために、交通管理についてはグランプリ主催者が分析的アプローチを採用していると説明した。  フランスGPは昨シーズン、10年ぶりにF1カレンダーに復帰したが、数千人の観客にとっては悪い意味で記憶に残るカムバックとなった。  ファンはポール・リカール・サーキットへ向かうことを楽しみにしていたにもかかわらず、サーキットにつながる脇道で猛烈な暑さのなか、車で立ち往生することになったのだ。  緊急の対応策が講じられたものの、渋滞は3日間の全日程で続き、多くの人々が期間中の催しを見逃すか、引き返して家路につくことになった。  昨年のグランプリ入場者数に影響を及ぼした深刻な問題の再発を防ぐべく、主催者はサッカーのユーロ2016やゴルフのライダーカップで交通管理を担当したCITEC社に協力を要請。またスマートフォンアプリ『Waze』を使用して、道路の混雑状況最適化を行なうことになった。...
WEC_2018-2019_Rd_249-660x440.jpg
Jun
14
 小林可夢偉のアタックで2019年ル・マン24時間レースのポールポジションを獲得したTOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド。同車は6月12日に行われた予選1回目で、他車と衝突するアクシデントに見舞われていたが、翌13日の予選2回目までにモノコックが交換されていたという。  トヨタのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンによると、チームはマイク・コンウェイが乗車時に起きたLMP2カーとの接触事故を受けて、7号車に新しいモノコックを導入。この件について彼は「ジョーカーを消費した」と語った。  アクシデントが発生したのは12日の予選1回目。小林可夢偉のアタック後にラップを重ねていたコンウェイは、フォードシケインでのスピンからコースに復帰しようとしていたドラゴンスピードの31号車オレカ07・ギブソンと出会い頭のような形で接触。    コンウェイは後に「イエローフラッグに従い減速はしていた。回避動作もとっていたものの、相手が見えない部分があり避けきれなかった」と語っている。

...
055b5e10-8ecb-11e9-bfff-852cc64b535a
Jun
14
Filed under: .,. 'Elba Vs. Block' will debut on Quibi. .
efea9b80-8eb7-11e9-bee6-7a368fcd5f70
Jun
14
Filed under: .,.,. A full debut is imminent. .embed-container { position: relative; padding-bottom: 56.25%; height: 0;...
f1149760-8ec9-11e9-9537-6c203be7761a
Jun
14
Filed under: .,.,. 'You better check the registration on this plate soon,...